値段が関係する取引

図面と家の模型

マンションを売却する時に、売主としてはできるだけ短期間で売却をしたいと思うはずです。何故なら、なかなか売却ができないとメンテナンスにもお金がかかりますし、何より次の計画がいつまで経っても立てられないというデメリットがあるのです。 では、どうしたらマンションを短期間に売却することが可能でしょうか。 まず、売り主側の勘違いとして、適正価格よりも高値で売却価格を設定してしまっている場合です。売主としては自分のマンションはきっと適正価格以上の価値があるに違いないと思っている人も少なくありません。ですが、価格と期間は見事に反比例します。価格が高ければ高いほど売るのに時間がかかりますし、逆に期間が短ければ価格は下げなくては売れないのです。

そこで、できるだけ適正価格に近付けたとします。もし、そのマンションの条件として、有利な条件がある場合でもできるだけ適正価格かそれ以下に設定しておいた方がよいのです。例えば、駅から徒歩3分という条件はマンションの売却価格にはプラスに働く条件です。ですが、駅から近くて周りは繁華街でにぎやかな場合、子供の教育上よくありませんし、酔っ払いが喧嘩しているなど、治安にも問題があるため、適正価格でも売れないかもしれません。あるいは、デザイナーズマンションも一般的には人気があると言われていますが、決して万人受けをする作りではないため、売れにくいのです。 もし、適正価格で売りたい場合にはできるだけ一般受けのする条件のマンションを売るべきなのです。