開発に伴う利用方法

戸建の家と芝生

マンション売却の歴史について考えるためには、大都市におけるマンション開発の歴史について学ぶことが大切である。特に1960年代にマンションが活発に販売されるようになり、その数年後から中古物件市場への需要が高まったことが最大の転機であろう。しかし当初は中古マンションのマーケットも整備されていなかったために、販売に時間を要したのが最大の特徴であろう。しかし次第に電話やファクスを使った簡易査定システムも導入されるようになり、マンションの売却が着実にスムーズに進むようになったのが最近の動向である。そしてネットを使った一括査定サービスの登場で、更にマンション売却がスピーディーになったのが現在の特徴であろう。

現在も新築マンションの新規開発が活発に行われているので、それに伴って中古マンションマーケットは今後も拡大するであろう。またマーケットの拡大によって、マンション売却サービスへの需要が今後も増えるであろう。特に将来的に注目されるのが、相続税の支払い目的でマンション売却を依頼するケースである。その中には都心の一等地の優良物件も多いために、マンション売却サービスの利用で、1億円以上の物件の取引も活発化するであろう。一方で一戸建てへの住み替えのために、マンション売却を依頼するケースは今後も着実に増加するであろう。そのためにマンションの売却のサポートにビジネスチャンスを見出す業者も多く、数多くの不動産業者が売却ビジネスに力を入れるであろう。