ローン返済の必要

マンションと公園

競売される物件は、裁判所に申し立てられて最低金額を算出された物件を入札してその中で最高の金額を示された方が落札します。競売物件には参加するには、まずは競売物件だから保証金を裁判所に支払う必要があります。保証金につきましては入札で落札できなかった方につきましては後で返却されることとなります。もし、落札された方が競売された物件を途中で棄権された場合は、再度の競売がされることになります。この時は、落札された方の契約保証金は変えされることなく、次の事件に金額は合算、上積みされることとなりまして、競売された方については余剰金が手元に帰ってくる可能性が上がるケースがあります。

競売になるケースは、住宅ローンの返済がある程度の期間をもって滞納してしまうというようなケースになる時です。1ヶ月程度の滞納があればいきなり競売になることはありませんが、それでも数ヶ月難しければ、競売になるリスクは高まります。競売になった場合は、市場価格よりも安価で競り落とされる事が多いので、できれば避けておきたいところでしょう。ここで事前に相談して進めておきたいのが任意売却であり、競売よりも高い価格で不動産の売却を行うことができます。これによって、滞納していたローンの返済に回すことができますし、交渉次第ではそのまま住まいの拠点を残したままにするという交渉も可能です。ローンの返済ができな位という状況で諦めてしまう人も多いですが、先ずはできる対策をしてから対応していきましょう。